伊豆下田の南豆製氷を  未来に活かすサイトです。
by nanzu-plus
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
情報20090829 伊豆新聞に掲載されました
f0009157_14114141.jpg

南豆製氷が直面している解体の危機を広くみなさまに伝えるために
8月14日から22日まで開催した緊急企画展。

伊豆の地方紙である伊豆新聞に掲載されました。

最終日に参上して会場の撤収も手伝ってくれた“幕末野郎”I氏に
ついても書かれています(「日誌」8月22日をご覧ください)。

伊豆新聞 「潮の響」 2009年8月29日(土)掲載

函館に生まれ育ち、今は横浜在住。そんな環境からか、幕末や開国、
近世の歴史が大好きで、下田の黒船祭にも何年か通っているという
男性がいる。

その男性が2年ほど前から気になっていたのが、伊豆石造りの
旧南豆製氷所だった。その建物が今、解体の“危機”にあると聞き、
応援団が開いた緊急企画展に駆けつけた。

建物は、大正12年の建設で約80年、下田の漁業を支えた製氷工場。
使命を終えて10年も経たないが、文化遺産としてだけでなく漁業の
下田を伝える産業遺産でもあるとして保存運動が進められた。

紆余曲折して現所有者に渡り、3年の猶予が与えられた。2年前には
下田で唯一、登録有形文化財に指定されたが、昨年で3年の猶予が
過ぎ、新たな活用策を提案できなかった下田は、所有者から見切られた。
今、登録解除の手続きが始まっている。

わずか2年での解除申請に、県や文化庁も戸惑っていると聞くが、
歴史を大事にしている下田市にとってもこれは痛手。今後、新たな
申請を希望した時の影響も大。そんな説明をする市長の表情は
つらそうだが、南豆に関しては財政的に何もできないとも語った。

結局、市民の理解、賛同は広がらなかった。多くの市外居住者を
ひきつけた南豆の魅力。「なまこ壁はどこにでもあるけど、伊豆石の
重厚感、しかも駅からあんなに近距離にあることが奇跡的なんですが…」。
企画展会場に南豆が消えた下田入り口のCG写真があった。
ぽっかり大きな穴が空いていた。


文中の「南豆が消えた」CGは、東京の建築の学生さんらが作った
モンタージュ写真です。港町下田の旧町内への入り口に位置する
南豆製氷の建物が更地にされて駐車場になった未来の姿です。

※訂正あり。2006年に南豆製氷を購入された現所有者から下田市や
市民に与えられていた“猶予期間”は3年ではなく2年間です。

所有者にはがきで保存をお願いしましょう
※「文化財登録の継続」アピール→「南豆製氷を残そう」
※南豆製氷の説明→「南豆製氷とは」

(南豆製氷応援団)
[PR]
by nanzu-plus | 2009-08-29 07:00 | 情報
<< 有志が下田市議会議員に陳情書を提出 南豆製氷に寄せる想いや写真を投... >>


南豆メモ
南豆製氷 消滅


これまで建物を
残してくださった
所有者に向けた
≪ありがとう募金≫
2013.11.30 終了
合計:36万3,593円

::Links::::::::::::::::::::::::::::::
下田まち遺産連携会議
下田TMO
NPO地域再創生プログラム
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
[下田]「氷の日」に南豆..
from no room for sq..
[下田][event]南..
from no room for sq..
[news]南豆製氷が登..
from no room for sq..
夏休みのご報告 〜 社会..
from Secret Colors'..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧