伊豆下田の南豆製氷を  未来に活かすサイトです。
by nanzu-plus
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2012.01.06 消えゆく下田のまち遺産展
下田まち遺産企画No.1 ≪消えゆく下田のまち遺産-旧南豆製氷所≫
来場者:8人(市内:7人/市外:1人)(スタッフ除く)

下田のSさん来場。そういえば2005年に南豆製氷の機械室を会場に
仲良し4人で音楽演奏会を開いてくださった。招待された友人知人が
集まって、花束贈呈などもあって、和やかなコンサートだった。
(写真は2005年のイベント時の様子)
f0009157_21382380.jpg

保存運動をしていた南豆製氷応援団が企画したイベントばかりでなく
市民がみんなで様々な使い方をしながら残していければと考えていた
ときだったので、その第1号となっていただいて嬉しかった。

そのS氏も、下田市が購入する流れに沿う形で現所有者が南豆製氷を
買ってくれた経緯を知らなかった。こうなったら、残すために下田出身の
資産家に協力を呼びかけるべきだと話していた。

いま一人、下田の知り合いのWさんも来場。じっくり見て行ってくれた。
今年開催予定のある会合のテーマをジオパークでいこうと計画中とのこと。
f0009157_21453014.jpg

中世から伊豆で産出されてきた伊豆石も、伊豆が海底火山だったからこそ
生まれた“火山からの贈り物”。そして地元の石で建造されたと伝わる
南豆製氷は半島最大の石造建築。2012年夏にまずは国内認定を申請する
伊豆半島ジオパーク構想に位置づけて活用することもできるのではないか。

※伊豆半島ジオパーク推進協議会オフィシャルサイト→http://izugeopark.org/conf/

夕方、近くのスーパーにちょっと買い物に行ってギャラリーに戻ると、
下田在住の絵本作家、鈴木まもるさんが待っていてくれた。世界的な
鳥の巣コレクターでもあるまもるさんも2005年に南豆製氷を全館フルに
使って絵本の原画と鳥の巣コレクションの展覧会を開催した。
(写真は2005年のイベント時のもの)
f0009157_215431.jpg

まもるさんの絶大な人気もあって、後にも先にも最も多くの来場者を
集めた素晴らしいイベントだった。あの展覧会を覚えていて今回の企画展に
足を運んでくださった“まもるファン”も何人もいた。
f0009157_21561332.jpg


応援団が日々の管理運営を担当していた2005年から2008年までの4年間に
南豆製氷を会場に下田内外の様々な人たちが実に多彩なイベントを開催した。

最後まで氷を製造していた工場だったため下田市民にもなじみ深い建物とは
いえなかった南豆製氷へ一人でも多くの人に実際に足を運んでもらおうと、
毎月数回の企画を打ち続けた。年に何回も下田を訪れるリピーター観光客の
中には次回の企画を楽しみにしてくれる人たちもあった。

だが、残念ながらそのことを肝心の下田市民のほとんどが知らない。

だからこそ、今回の企画展では南豆製氷でのイベントの写真を展示したいと
思っていた。ただ、欲張って展示内容が多岐にわたって準備が後手後手に
まわったために未だに展示できないでいた(おまけにうちのプリンタの
寿命が尽きてカラー写真が印刷できなくなったという事情も…orz)。

今日はようやく(プリンタが最後に吐き出してくれた)イベント写真を
貼り出す準備に入った。会期はあと3日だが…。

(南豆製氷応援団 H)
[PR]
by nanzu-plus | 2012-01-06 23:00 | 日誌
<< 2012.01.07 消えゆく... 2012.01.05 消えゆく... >>


南豆メモ
南豆製氷 消滅


これまで建物を
残してくださった
所有者に向けた
≪ありがとう募金≫
2013.11.30 終了
合計:36万3,593円

::Links::::::::::::::::::::::::::::::
下田まち遺産連携会議
下田TMO
NPO地域再創生プログラム
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
[下田]「氷の日」に南豆..
from no room for sq..
[下田][event]南..
from no room for sq..
[news]南豆製氷が登..
from no room for sq..
夏休みのご報告 〜 社会..
from Secret Colors'..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧