伊豆下田の南豆製氷を  未来に活かすサイトです。
by nanzu-plus
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
9月議会に向けて陳情書を提出しました
9月12日から開催される下田市議会に向けて7日に陳情書を提出しました。

陳情の内容は、市内唯一の国登録有形文化財である南豆製氷をこのまま
公式な場で議論もせずに失ってもよいのか、“まち遺産”としての
南豆製氷の価値や観光への活用可能性について一度ぐらい議会で
取り上げてください、というシンプルなものです。

一時は市民の共有財産として購入・活用することを検討した市がそれを
いつの間にか断念してしまって以来、所有者任せにしてきた南豆製氷に
再び関心を持っていただきたいとの一心から、陳情書に添付した
市議の皆様へのメッセージの方が長文になってしまいました(汗)。

陳情書がダウンロードできます
(下記と同じ内容です。)

陳情書に付けたメッセージ文がダウンロードできます

**********************************

旧南豆製氷所の保存と活用に向けた再検討を求める陳情書

下田市議会議員の皆様

下田市内で唯一の国登録有形文化財である旧南豆製氷所が解体の危機に
直面しています。

市が買い戻すことを念頭に購入した現所有者は2008年に市が購入・活用を
断念して以来建物の処遇に困り、全解体を前提とした現状変更届を文化庁に
提出して受理されました。

南豆製氷は下田の水産業の盛衰と共に歩んだ下田の希少な近代化遺産であり、
伊豆半島の石造建築の伝統と技を今に伝える地域全体の貴重な文化財です。

そして最も重要なのは、南豆製氷には下田に資する将来的な活用価値が
あることです。この8年間で観光資源としての南豆製氷の価値はむしろ
上昇しています。

南豆製氷は残存する伊豆半島最大の石造建築であり、伊豆石を「火山からの
贈りもの」と位置付ける伊豆半島ジオパーク構想に照らせば「ジオサイト」
そのものです。さらに、伊豆の国市が韮山反射炉の世界遺産登録を進めるなか、
南豆製氷には伊豆を訪れる産業遺産ファンが見学することのできる数少ない
大規模な近代化遺産としての価値があります。

全国的にも希少な石造の近代化遺産と伊豆半島ジオパークのジオサイトを
兼ねたビジターセンター/ミュージアムとして活用すれば、投下資金の回収は
可能ではないでしょうか。

南豆製氷は来年には建造90周年を迎えます。「歴史を大切にするまち」
として広く一般に知られる下田です。この歴史的建造物を保存する価値や、
その将来的な活用価値について、議会でぜひ議論していただきたく
お願い申し上げます。

南豆製氷応援団有志
代表  英 みどり
[PR]
by nanzu-plus | 2012-09-07 23:00 | 報告
<< 写真2012.9.10 建物の外観 8月29日、下田市長に署名を提出 >>


南豆メモ
南豆製氷 消滅


これまで建物を
残してくださった
所有者に向けた
≪ありがとう募金≫
2013.11.30 終了
合計:36万3,593円

::Links::::::::::::::::::::::::::::::
下田まち遺産連携会議
下田TMO
NPO地域再創生プログラム
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
[下田]「氷の日」に南豆..
from no room for sq..
[下田][event]南..
from no room for sq..
[news]南豆製氷が登..
from no room for sq..
夏休みのご報告 〜 社会..
from Secret Colors'..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧