伊豆下田の南豆製氷を  未来に活かすサイトです。
by nanzu-plus
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
写真2012.9.17-南豆製氷の伊豆石
2012年9月。今日は駐車車両が少ないので建物の側面が見渡せる。
f0009157_1829169.jpg

南豆製氷はこのまま残せれば来年が建造90周年。
1923年、伊豆の石造技術がまだ継承されていた大正末期に
地元の伊豆石を使って建造されたといわれている。
f0009157_1829966.jpg

南伊豆地域の伊豆石は南洋の火山島だった伊豆が噴火をくり返すなかで
火山灰によって形成された凝灰岩の“伊豆軟石”。
f0009157_18291648.jpg

色合いや独特のマーブル模様もさまざまで見ていて面白い。
丁場(石切り場)から手掘りで切り出されたときに刻まれた
ノミ跡がくっきりと残る石も多い。
f0009157_18293182.jpg

江戸城やお台場など、江戸のインフラを造るのに使われた
東伊豆地域などの伊豆石は、その後も噴火を続けた伊豆の火山の
溶岩が流れて固まった“伊豆堅石”。
f0009157_18293820.jpg

南の伊豆石は柔らかくて加工しやすい。耐火性も高い。
そのため建材よりも石灯篭やかまどなどに使われたという。
f0009157_18294817.jpg

南豆製氷を保存して補強して、こんな足場もなくなれば、
この西側の壁はそのまま南伊豆地域の伊豆石のギャラリーになる。
南豆製氷は伊豆ジオパークのジオサイト。伊豆の石造の伝統と技術は
火山からの贈りものである伊豆石を暮らしに活かしてきた人びとの
知恵の歴史でもある。
f0009157_18292258.jpg

また、南豆製氷は近代製氷業の工程を今に伝える産業遺産でもある。
80年以上にわたって港町下田の水産業を支えてきた工場としての
痕跡が建物のあちこちに残されている。
f0009157_18295673.jpg
f0009157_1830412.jpg

こちらは貯氷庫の東の外壁。住吉稲荷側の伊豆石。
f0009157_18301784.jpg

石に生える植物は風情を感じさせるが、建物にとっては災難。
f0009157_18302872.jpg


(H)
[PR]
by nanzu-plus | 2012-09-17 22:00 | 南豆製氷の画像
<< 日誌 2012.10.1 まだ... 写真2012.9.15 南豆製氷 >>


南豆メモ
南豆製氷 消滅


これまで建物を
残してくださった
所有者に向けた
≪ありがとう募金≫
2013.11.30 終了
合計:36万3,593円

::Links::::::::::::::::::::::::::::::
下田まち遺産連携会議
下田TMO
NPO地域再創生プログラム
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
[下田]「氷の日」に南豆..
from no room for sq..
[下田][event]南..
from no room for sq..
[news]南豆製氷が登..
from no room for sq..
夏休みのご報告 〜 社会..
from Secret Colors'..
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧