伊豆下田の南豆製氷を  未来に活かすサイトです。
by nanzu-plus
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
南豆製氷は保存の可否が決まるまで応援団が借用
南豆製氷は保存の可否が決まるまで応援団が借用

南豆製氷(なんずせいひょう/所在地:静岡県下田市1-6-18)の
保存と再生を目指して活動している内外市民のグループ「南豆製氷
応援団」(代表:清田康弘)からのお知らせです。

このたび、南豆製氷応援団と所有者の田中俊昭さんとの間で
南豆製氷の賃貸借契約が更新されました。契約は2009年6月まで
ですが、南豆製氷は将来的な保存や活用について現在下田市も
検討していることから、今回の契約更新は暫定的な措置となります。

南豆製氷は2006年に当時解体の危機にあったものを現所有者の
田中さんが“ピンチヒッター”として購入、二年後を目処に将来的な
保存や活用が確定するまで南豆製氷応援団が借用する形で日常的な
管理・運営を担当してきました。

応援団は南豆製氷への集客を目的としたイベントなどを開催して
PRすると共に、みなさまから募金を集めて共に保存運動を進める
組織や一般市民の参加を得て応急的な修繕を施し、定期的な
清掃活動を行い、昨年の夏に国の登録有形文化財となった建物を
一般に公開してきました。

南豆製氷に限らず、古い建物は人の出入りがなくなって換気や掃除を
しなくなれば、劣化が一段と進みます。応援団と田中さんとの賃貸借
契約は6月末で満了しましたが、保存の可否が決するまで日常的な
管理を継続させていただけるようお願いして、ご了承いただきました。

市民による保存活動の継続を快く受け入れてくださった所有者の
田中さんに感謝申し上げると同時に、物心両面で支えてくださっている
内外のみなさまにも厚く御礼申し上げます。

なお、昨年の契約では賃貸料として固定資産税分にあたる60万円弱を
応援団、下田TMO(株)、NPO地域再創生プログラムのメンバーを中心と
する東京の有志などが集めて一括してお支払いしましたが、今回更新
された契約ではこれを12分割して月ごとに約5万円を支払います。

賃貸料に加えて、夜間ライトアップを含む南豆製氷の電気代、
来場者やスタッフを対象とした保険代などを引き続き負担するため、
みなさまの暖かいご理解とご支援をお願いいたします。

南豆製氷応援団への募金振込用の郵便局口座
名義:南豆製氷応援団/口座番号:00880-4-205521


※お問い合わせは下記までお願いします:
南豆製氷応援団・事務局→nanzu@center.email.ne.jp

南豆製氷応援団
[PR]
by nanzu-plus | 2008-07-14 00:00 | 情報
<< 貯氷庫の劣化が進む―内壁の一部が崩落 南豆製氷アンケート、回答者の6... >>


南豆メモ
南豆製氷 消滅


これまで建物を
残してくださった
所有者に向けた
≪ありがとう募金≫
2013.11.30 終了
合計:36万3,593円

::Links::::::::::::::::::::::::::::::
下田まち遺産連携会議
下田TMO
NPO地域再創生プログラム
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
[下田]「氷の日」に南豆..
from no room for sq..
[下田][event]南..
from no room for sq..
[news]南豆製氷が登..
from no room for sq..
夏休みのご報告 〜 社会..
from Secret Colors'..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧