伊豆下田の南豆製氷を  未来に活かすサイトです。
by nanzu-plus
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
日誌2008.12.19 ひとつの未来が消え、新たな未来が生まれる
日誌2008.12.19 ひとつの未来が消え、新たな未来が生まれる

今朝、第ニ製氷室を含む建物の木造部分の解体がほぼ終わりました。
あとは木造の製氷プールとコンクリートの基礎部分だけです。

静岡新聞によれば木造の第ニ製氷室が増築されたのは大正15年とのこと。
南豆製氷の三つ屋根シルエットは石造の機械室、第一製氷室、貯氷庫が
建てられたわずか三年後、82年前に下田のまちなみに加わったことに
なります。下田からまたひとつ、歴史を伝える風景が消えてゆきました。

日本の近代化のなかで氷を大量生産する目的で建てられた南豆製氷の
製氷室は、製氷缶をはめ込む升目の“プール”を持つ独特な空間です。
石造と木造の製氷室が隣り合う南豆製氷のユニークな構造を残して
未来に活かす道が模索されることなく壊されてしまったのが残念です。

ただ、今回の解体工事では新たな未来も生まれています。木造の建物が
増築されたことで、80年以上も隠れていた第一製氷室の伊豆石の外壁が
姿を現しました。南豆製氷は伊豆半島最大の石造建築といわれています。
木造部分がなくなったことで見えてきた第一製氷室から貯氷庫へと連なる
伊豆石の壁面には、圧倒的な存在感があります。

下田の旧町内には雑忠(さいちゅう)の屋号で親しまれてきた見事な
ナマコ壁の建物が残っていますが、伊豆石でできた南豆製氷の西側壁面も
下田の新しい顔になってゆくことでしょう。

そして伊豆石造りの伝統・技術と共に南豆製氷に他にない個性や価値を
与えているのは、下田の漁業を支え人々の営みと共に歩んだ長い歴史や
文化が織りなす物語ではないでしょうか。所有者は残る第一製氷室も
いずれは解体する予定とのことです。建物は使う人次第で活きるもの。
南豆製氷が空虚な“石の箱”にならないことを願っています。

下田の港の一角で長らく働き続けた第ニ製氷室とミニ貯氷庫。保存運動の
過程でもさまざまに使われ、多くの人に楽しいひとときを与えてくれた
これらの建物に敬意と感謝の気持ちを記したいと思います。

最後のスリーショット
f0009157_2281855.jpg

解体を待つ第ニ製氷室
f0009157_2283316.jpg

空が広がる西側の空き地
f0009157_2291716.jpg

右手に見えるのがミニ貯氷庫があった場所
f0009157_2294743.jpg

第ニ製氷室の国道側の壁が取り払われる
f0009157_2315737.jpg

第一製氷室の外壁が80年ぶりに姿を現した
f0009157_2321258.jpg

製氷プールも廃材を除去してから解体される
f0009157_2322693.jpg

基礎のコンクリートも取り除く予定
f0009157_2325518.jpg

左手に見えるのは第一製氷室の出入り口
f0009157_2341167.jpg

二つ屋根の南豆製氷
f0009157_2333392.jpg

※詳細は「情報」カテゴリをご覧ください。
(hanami)
[PR]
by nanzu-plus | 2008-12-20 00:00 | 日誌
<< 日誌2008.12.20 変わ... 日誌2008.12.18 第ニ... >>


南豆メモ
南豆製氷 消滅


これまで建物を
残してくださった
所有者に向けた
≪ありがとう募金≫
2013.11.30 終了
合計:36万3,593円

::Links::::::::::::::::::::::::::::::
下田まち遺産連携会議
下田TMO
NPO地域再創生プログラム
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
[下田]「氷の日」に南豆..
from no room for sq..
[下田][event]南..
from no room for sq..
[news]南豆製氷が登..
from no room for sq..
夏休みのご報告 〜 社会..
from Secret Colors'..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧