伊豆下田の南豆製氷を  未来に活かすサイトです。
by nanzu-plus
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ:情報( 66 )
南豆製氷は保存の可否が決まるまで応援団が借用
南豆製氷は保存の可否が決まるまで応援団が借用

南豆製氷(なんずせいひょう/所在地:静岡県下田市1-6-18)の
保存と再生を目指して活動している内外市民のグループ「南豆製氷
応援団」(代表:清田康弘)からのお知らせです。

このたび、南豆製氷応援団と所有者の田中俊昭さんとの間で
南豆製氷の賃貸借契約が更新されました。契約は2009年6月まで
ですが、南豆製氷は将来的な保存や活用について現在下田市も
検討していることから、今回の契約更新は暫定的な措置となります。

南豆製氷は2006年に当時解体の危機にあったものを現所有者の
田中さんが“ピンチヒッター”として購入、二年後を目処に将来的な
保存や活用が確定するまで南豆製氷応援団が借用する形で日常的な
管理・運営を担当してきました。

応援団は南豆製氷への集客を目的としたイベントなどを開催して
PRすると共に、みなさまから募金を集めて共に保存運動を進める
組織や一般市民の参加を得て応急的な修繕を施し、定期的な
清掃活動を行い、昨年の夏に国の登録有形文化財となった建物を
一般に公開してきました。

南豆製氷に限らず、古い建物は人の出入りがなくなって換気や掃除を
しなくなれば、劣化が一段と進みます。応援団と田中さんとの賃貸借
契約は6月末で満了しましたが、保存の可否が決するまで日常的な
管理を継続させていただけるようお願いして、ご了承いただきました。

市民による保存活動の継続を快く受け入れてくださった所有者の
田中さんに感謝申し上げると同時に、物心両面で支えてくださっている
内外のみなさまにも厚く御礼申し上げます。

なお、昨年の契約では賃貸料として固定資産税分にあたる60万円弱を
応援団、下田TMO(株)、NPO地域再創生プログラムのメンバーを中心と
する東京の有志などが集めて一括してお支払いしましたが、今回更新
された契約ではこれを12分割して月ごとに約5万円を支払います。

賃貸料に加えて、夜間ライトアップを含む南豆製氷の電気代、
来場者やスタッフを対象とした保険代などを引き続き負担するため、
みなさまの暖かいご理解とご支援をお願いいたします。

南豆製氷応援団への募金振込用の郵便局口座
名義:南豆製氷応援団/口座番号:00880-4-205521


※お問い合わせは下記までお願いします:
南豆製氷応援団・事務局→nanzu@center.email.ne.jp

南豆製氷応援団
[PR]
by nanzu-plus | 2008-07-14 00:00 | 情報
南豆製氷アンケート、回答者の6割が保存に賛成
南豆製氷アンケート、回答者の6割が保存に賛成

下田まち遺産連携会議の南豆製氷活用グループが実施した南豆製氷の
将来に向けたアンケート調査の結果がまとまりました。

アンケートは主に南豆製氷が位置する下田旧町内の約1500軒を対象に、
南豆製氷に関する市民の意識を調査するために4月から6月にかけて実施、
市民574人から回答がありました。

集計の結果、回答者の六割近い56.3%が南豆製氷の保存に賛成していて、
南豆製氷を残したいと回答した人のうち67.5%がそのための募金にも
応じると答えています。

また、南豆製氷に関する意見や思い出を書いていただく自由回答欄には
96人からさまざまな意見が寄せられました。

アンケート結果の詳細は、下記ウェブサイトでご覧ください。
下田まち遺産連携会議→http://smrk.exblog.jp

(南豆製氷活用グループ)
[PR]
by nanzu-plus | 2008-07-04 00:00 | 情報
日大で建築家・山中新太郎さんが南豆製氷の改修計画を展示
日大で建築家・山中新太郎さんが南豆製氷の改修計画を展示

NPO地域再創生プログラム・下田分科会リーダーとして南豆製氷の
保存運動を東京で支えてきた山中新太郎さんが、自らも教鞭をとる
母校日本大学の建築学科で開催される展覧会に南豆製氷の改修計画を
展示しています。

下田は都会から近くファンが多いこともあって、南豆製氷の保存には
これまで多くの市外の支援者が関わってきました。2005年11月には
東京で南豆製氷をめぐるシンポジウムも開催されています。

多くの支援者が南豆製氷の保存にさまざまな形で協力するために下田を
訪れていますが、下田からは見えないところでも、応急的な修繕計画や
補強・回収計画案の作成、将来的な活用案のとりまとめなど、NPO地域
再創生プログラムのメンバーや建築の学生さんなどが協力しています。

以下、山中さんからのメッセージです。

この度、大学の主催で展覧会を催すことになりました。私の事務所では
7年間関わり続けている伊豆下田のプロジェクトから旧南豆製氷所の
改修計画について模型やムービーの展示を行います。計画案を発表する
のは今回が初めてです。今までの下田での関わりや、産業遺産・南豆
製氷所のリノベーションの可能性などをご覧いただければと思います。
お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。」
f0009157_10342947.jpg

U41@NU40才以下の日大出身建築家展

・場所:日本大学理工学部駿河台キャンパス1号館CSTギャラリー
・開催日:2008年6月17日(火)~28日(土)
・開館時間:12:00-18:00 休館日:日曜日 入場無料
http://tkmy.net/u41/

展覧会関連企画シンポジウム

・出演者:鍋島千恵、馬場兼伸、山中新太郎
・司会:田所辰之助(日本大学)
・日時:2008年6月26日(木)17:30~
・会場:日本大学理工学部駿河台キャンパス1号館CSTホール
[PR]
by nanzu-plus | 2008-06-26 00:00 | 情報
黒船祭!タオルズLIVEと一般公開、ピザバスも出動!
黒船祭!タオルズLIVEと一般公開、ピザバスも出動!

一年に一回、下田のまちごと幕末にタイムスリップする恒例の“黒船祭”―。

南豆製氷は5月16日から18日までの黒船祭の期間中に一般公開、
17日には“黒船祭LIVE”を開催します。

出演は、南豆製氷で5回目のライブとなるアコースティック・デュオ“タオルズ”。
渡辺博和さんと山本孝さんの地元ギター・ユニット“high Limit”と
下田出身の秋元多喜巳さんが前座を務めます。
f0009157_208962.jpg

また、15日から19日まで“いしがまや”の稼動レストラン・ピザバスも
貯氷庫脇の空き地で営業します。
f0009157_2083383.jpg

南豆製氷の一般公開は入場無料(カンパ歓迎!)、17日のライブは1,000円。
チケットは市内“K-Disc” くしだレコード(0558-22-0049)にて発売中!

第69回黒船祭LIVE@南豆製氷

●日時:2008年5月17日(土)18:00開場/18:30開演
●主催:南豆製氷応援団/共催:バスタオル(タオルズ公式ファンクラブ)
●チケット:1000円
◆ポスター(PDF)は下記サイトからダウンロードできます。
http://sgym.web.fc2.com/nanzdir/20080517towelslive-poster.pdf

●一般公開:16日(金)~18日(日)10:00~17:00/入場無料(カンパ歓迎!)

●“いしがまや”ピザバス営業日:15日(木)~19日(月)
◆いしがまやhttp://www.ishigamaya.com/

タオルズは、東京出身の西田遼二さんと田口真一さんのユニット。
高校生の時に路上ライブを開始、2003年に「NHKサマーソングバトル」に
出場して決勝に進出、「君に幸あれ」のヒットでメジャー・デビューしました。
縁あって2005年に南豆製氷で初ライブを開催、メロディアスなオリジナル
楽曲を美しいハーモニーとギター演奏で披露し、地元の若者の絶大な支持を
得ました。その後も2006年3月、11月、そして2007年8月に南豆製氷で
ライブを行っています。(写真はパーカッションを加えて行われた
2007年8月ライブのもの。左が田口さん、中央が西田さん。)
◆タオルズhttp://www.taoruzu.com
f0009157_2010964.jpg

high Limit(ハイ・リミット)は、渡辺博和さんと山本孝さんによる地元ギター・
ユニット。各地で精力的にライブ演奏を行っている藤原シゲトシさんの
ギター教室の生徒だったことが二人のユニット結成のきっかけとなりました。

秋元多喜巳さんは、高1の時に同級生の土屋彰範さんと“かじゃはり”を結成、
南豆製氷にも何度も登場しています。昨年高校卒業を機にユニットは解散、
秋元さんは静岡県立農林大学に進学後も音楽活動を続け、農林大学祭では
体育館ライブを敢行。今回は久しぶりの帰郷ライブです。
◆かじゃはりhttp://kajyahari.hp.infoseek.co.jp/history.html

◆黒船祭については→下田市観光協会http://www.shimoda-city.info

※お問い合わせは下記までお願いします:
南豆製氷応援団・事務局(はなぶさ)
電話0558-22-3166

(南豆製氷応援団)
[PR]
by nanzu-plus | 2008-05-09 00:00 | 情報
Return to Tribe-アイヌ民族の壮大な叙事詩を聴こう
Return to Tribe-アイヌ民族の壮大な叙事詩を聴こう

この春、伊豆半島の各地を巡るアイヌ民族交流イベントが開催されている。
Return to Tribe(部族回帰)と名づけられた黒潮文化の会主催の企画だ。

西伊豆のキャンプ場で行われたアイヌ民族の神事カムイノミ、音楽、踊り、
木彫りや魔よけの首飾りなどのワークショップに続いて、5月2日には
長老が南豆製氷でアイヌユーカラ(部族に伝わる叙事詩)を語る。

日本列島の先住民族であるアイヌの人々の伝統文化に触れることによって
自然と共生する知恵、自然界に対する人間としての姿勢を学ぶことが
今回の企画の目的だ。

南伊豆には今でもアイヌ語源の地名が残るという。長老が語るユーカラに
耳を傾けて日本列島に流れてきた壮大なストーリーを感じとる貴重な機会。

5月2日は、ぜひ南豆製氷にご来場ください。

(当日は“いしがまや”のピザバスも、貯氷庫脇の空き地で営業します!)

※アイヌユーカラ
アイヌ民族は太古の日本同様に文字を使わず、物語や伝説、体験談や
人生の教訓などのすべてを口承によって語り継いできました。
ユーカラはアイヌ口承文芸のうち節をつけ韻文で語られる叙事詩です。
アイヌ民族はカムイユーカラを通じて“人はどのように生きるべきか”を
代々語り伝えてきました。

Return to Tribe@南豆製氷

2008年5月2日(金)
13:00  開場(伝統工芸品の展示即売)
16:00~ アイヌユーカラのストーリーテリング(語り)
19:00~ ミニライブ(20:30終了予定)
協力費:1000円

※お問い合わせは下記までお願いします:
南豆製氷応援団・事務局(はなぶさ)
電話0558-22-3166

※5月3日、4日には吉佐美の洞窟にて音楽イベントあり。
主催 黒潮文化の会 URL http://www.marqueedjomula.com/kuroshio
連絡 kuroshiobunka@gmail.com

(南豆製氷応援団・事務局)
[PR]
by nanzu-plus | 2008-04-30 00:00 | 情報
「アースデイ下田2008」-共感の輪が広がる!
「アースデイ下田2008」-共感の輪が広がる!

4月22日は「アースデイ(Earth Day=地球の日)」。

1970年4月22日にアメリカで2000万人が参加して行われた
環境問題を考える討論会をきっかけに世界に広まった記念日です。

私たちは、一人でも多くの来場者に南豆製氷の保存・再生に
関心を持っていただこうとさまざまなイベントを開催しています。
4月19日、20日開催のアースデイ下田2008@南豆製氷
地球環境に関心のある企画班メンバーの発案で進めてきました。

海と山が織りなす南伊豆の恵まれた自然のなかで暮らす私たちが
環境のために行動するきっかけとなるようなイベントを目指して、
地域で自然に親しむ活動や環境保護に携わる個人やグループ、
環境への負荷が少ない商品の生産者・販売者、自然環境を
対象とする研究者たちに声をかけるところから始めました。
行政の取り組みも紹介すべく参加を呼びかけました。

ささやかな企画として始まった「アースデイ下田」でしたが、
かねてから環境問題に対する意識の高い協力者たちの尽力もあり、
南豆製氷を含む10の会場が連帯するイベントへと拡大しました!

南豆製氷ではパネル展示を中心に、市民による活動、南伊豆の
県や大学の研究所の活動、下田市や県の取り組みなどを紹介します。

20日開催のNPO下田にぎわい社中のまちなか日曜ひる市でも
無農薬野菜などを販売するほか、あずさ気まぐれ売店、朝穫りの
農産物直売所旬の里吉佐美アートファームよろず交流館
らくら
おふくろまんじゅうの店、第二すぎのこ作業所 
20日の大賀茂れんげ祭会場でもアースデイをアピール、
まるとうわさびは稲梓の山中で縁側カフェを設けて参加します。

地球人として毎日を「アースデイ」にしていくきっかけに、
ぜひ各会場へお出かけください!

◆NPO法人下田にぎわい社中
http://nigiwai.izu-shimoda.com/
◆あずさ気まぐれ売店
http://odekake.jalan.net/spt_guide000000150588.html
◆旬の里
http://syunnosato.com/
◆おふくろまんじゅうの店
http://odekake.jalan.net/spt_guide000000150586.html
◆第二すぎのこ作業所
http://plaza.across.or.jp/~fuiku/suginoko2.htm
◆大賀茂れんげ祭
http://www.at-s.com/bin/EVEN/EVEN0030.asp?event_no_i=L642292321
◆まるとうわさび
http://www11.plala.or.jp/marutou/
◆いしがまや
http://www.ishigamaya.com/

◆「アースデイ下田2008」ポスターをダウンロード(PDF)
http://sgym.web.fc2.com/nanzdir/eds2008poster.pdf


※お問い合わせは下記までお願いします:
  南豆製氷応援団・事務局(はなぶさ)
  電話0558-22-3166/nanzu@center.email.ne.jp

(南豆製氷応援団・事務局)
[PR]
by nanzu-plus | 2008-04-16 00:00 | 情報
「子供の惑星」展覧会
「子供の惑星」展覧会
白浜保育所の園児たちの「2007年度一発入魂!大賞」受賞記念展覧会
f0009157_22531964.jpg

南豆製氷が国の登録有形文化財に指定されたことを記念して
昨年11月に開催した「一発入魂!あなたの作品展」。下田内外の
老若男女が多彩な作品を出展してくれました。あまたの力作の中から
来場者投票によって「2007年度一発入魂!大賞」に選ばれたのが
白浜保育所さくら組のみなさんです。

今回は受賞を記念して、保育所の園児全員の作品を一緒に展示する
子供のイマジネーション炸裂!の展覧会です。

時 2008年1月19日(土)~21日(月)10:00~19:00
場所 下田・南豆製氷(なんずせいひょう)機械室、第二製氷室


★入場無料、カンパ歓迎!
★第二製氷室に受賞作品「みんなの畑にお芋がなったよ」を展示中。
[PR]
by nanzu-plus | 2008-01-02 00:00 | 情報
2008年もご支援ご協力よろしくお願いします!
2008年もご支援ご協力よろしくお願いします!
f0009157_20161199.jpg

保存に向けた活動が始まって四年。2007年も数々のイベントが行われ、
南豆製氷は南伊豆地域の住民と国内外からの来訪者の交流の場として
徐々に定着しつつあります。7月には下田市初となる国の有形登録文化財
にも指定され、産業遺産としての価値が改めて確認されました。

下田のためにと、解体を避けるために購入してくださった篤志家オーナーの
ご厚意で南豆製氷応援団が南豆製氷を借りている期限は2008年6月。

南豆製氷を将来的にも下田の交流拠点として使い続ける計画をオーナーに
提案するために、下田内外の有志グループが下田や東京で会合をもちながら
計画案を作っています。

2004年に製氷業を廃業してから三年以上が経過して建物の劣化も進み、
南豆製氷はこのままでは使えなくなってしまいます。建物を補強するための
資金のメドが立つまで劣化を少しでも食い止めようと、みなさまからの募金で
実施する応急的な修繕活動も継続中です。毎月第二土曜日には歴史的な
文化財保護の第一歩である清掃活動も実施しています。

また、これからの半年間もさまざまなイベントを実施して南豆製氷の価値を
アピールする予定です。企画の持ち込み、イベントや清掃デー、修繕活動への
ご参加、募金や募金への呼びかけにぜひご協力ください。

2008年もどうぞよろしくお願いいたします。

南豆製氷を未来へ!

南豆製氷応援団・事務局

※連絡先:南豆製氷応援団・事務局(はなぶさ)0558-22-3166
※活動日程:「日程」「情報」カテゴリをご覧ください。
[PR]
by nanzu-plus | 2007-12-31 00:00 | 情報
2007冬至-キャンドルナイト下田@南豆製氷
Turn Off the Lights, Take it Slow…
電気を消して、ゆったりすごそう

f0009157_1148853.jpg

冬至の晩に、ささやかなキャンドルナイトを開催します

一年でもっとも闇が深い冬至の晩、電気を消してキャンドルを灯そう。
ほの明かりのなかで環境問題を考え、世界のひとびとに想いを馳せ、
あるいは友や家族とゆっくり語らう。暮れの押し詰まったこの時期に、
ちょっと立ち止まって心静かなひとときを。

あなたもキャンドルを灯しにきませんか。

2007冬至-キャンドルナイト下田@南豆製氷
Candle Night – Winter Solstice 2007 Shimoda@Nanzu Seihyo


時 2007年12月22日(土)
  18:00~ キャンドルカバー制作
  20:00~22:00 消灯(南豆製氷のイルミネーションや電気を消します)
場所 下田・南豆製氷(なんずせいひょう)機械室

★入場無料、カンパ歓迎。
★ロウソクを一本お持ちください。
★18:00から、切り紙のキャンドルカバーを手作りします。
★温かい飲み物や食べ物を用意します。マイカップなどの持ち込み歓迎。
★「百万人のキャンドルナイト」登録イベントです→http://www.candle-night.org/

☆ポスターをダウンロードできます(PDFファイル)→http://sgym.web.fc2.com/nanzdir/candle-night2-nanz.pdf
[PR]
by nanzu-plus | 2007-12-18 00:00 | 情報
毎月11日の夜は、南豆製氷で言葉の冒険!
毎月11日の夜は、南豆製氷で言葉の冒険!
f0009157_11581648.jpg

「温故知新~詩人が生まれる夜」
下田内外で活動する朗読ボランティアグループ「鮎の詩」メンバーの
萩原和美さんが主催する定期朗読会が11月11日から始まりました。
二回目となる「温故知新Vol.2」は12月11日(火)、伊豆石の壁に
映し出された過ぎ去りし日々の思い出に囲まれて、好きな詩や文章を
声に出して読んでみよう。温かい飲み物や食べ物をご用意してお待ち
しています。ビギナー大歓迎!毎月11日、19:00から南豆製氷の
機械室にて開催します。

(写真は11月11日の「温故知新Vol.1」の模様です)

時    2007年12月11日(火)19:00~
場所   南豆製氷(伊豆急下田駅から港に向かって徒歩3分)
参加費 100円(お茶代)

(南豆製氷応援団・事務局)
[PR]
by nanzu-plus | 2007-12-10 00:10 | 情報


南豆メモ
南豆製氷 消滅


これまで建物を
残してくださった
所有者に向けた
≪ありがとう募金≫
2013.11.30 終了
合計:36万3,593円

::Links::::::::::::::::::::::::::::::
下田まち遺産連携会議
下田TMO
NPO地域再創生プログラム
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
[下田]「氷の日」に南豆..
from no room for sq..
[下田][event]南..
from no room for sq..
[news]南豆製氷が登..
from no room for sq..
夏休みのご報告 〜 社会..
from Secret Colors'..
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧