伊豆下田の南豆製氷を  未来に活かすサイトです。
by nanzu-plus
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ:情報( 66 )
下田南高レトロ写真館、好評開催中!
下田南高レトロ写真館、好評開催中!
f0009157_16374854.jpg

大正9年に女学校としてスタートを切った県立下田南高等学校と、
大正12年に建造された南豆製氷―。下田で同じ時代を生きてきたご縁を
きっかけに実現した『下田南高レトロ写真館』は、かつての女学生たちが
旧友の姿を見出し、下田に流れてきた時間の流れに想いを馳せる場として、
ご来場者に喜んでいただいています。会場では南高の制服の変遷を描いた
伽嶋清華さんの切り絵や、南高卒業生の濱崎亜津子さんの陶器も展示
しています。道路側に面した第二製氷室では、下田の歴史に焦点を当てた
写真や特にインパクトの強い写真を展示しています。

時   2007年12月8日(土)~16日(日)
      平日13:00~16:00/土日11:00~16:00

場所  南豆製氷(伊豆急下田駅から港に向かって徒歩3分)
      機械室・第二製氷室


☆「南高ラストイヤー・プロジェクト」協賛企画です。
☆入場無料。カンパ大歓迎!

静岡県立下田南高等学校
http://www.shizuoka-c.ed.jp/shimodaminami-h/

(南豆製氷応援団・事務局)
[PR]
by nanzu-plus | 2007-12-10 00:00 | 情報
「下田南高レトロ写真館」
「下田南高レトロ写真館」―下田の歴史を映す貴重な写真を展示
f0009157_1492999.jpg

大正9年(1920年)に女学校として創立された静岡県立下田南高等学校は
来年度に迫った北高との合併によりその歴史の幕を閉じようとしています。
南豆製氷ではこのたび下田南高のご厚意で、先生や関係者の方々が集めた
大正から昭和の貴重な写真を展示します。

南高の変遷や卒業生たちの思い出が詰まった大切な写真です。初期の写真
には女子校当時の可憐な乙女たちの活き活きとした姿が映し出されています。
これらの写真が伝える南高の歴史はそのまま下田の歴史でもあります。

展示会場となる南豆製氷は南高の創立から三年後に建造され、共に
下田のまちで時を重ねてきました。伊豆石の壁にさまざまな想いが去来する
懐かしの写真館へ、みなさまお誘いあわせのうえご来場ください。会場では
南高の制服の変遷を描いた伽嶋清華さんの切り絵も展示します。

時   2007年12月8日(土)~16日(日)
      平日13:00~16:00/土日11:00~16:00

場所  南豆製氷(伊豆急下田駅から港に向かって徒歩3分)
      機械室・第二製氷室


☆「南高ラストイヤー・プロジェクト」協賛企画です。
☆入場無料。カンパ大歓迎!

静岡県立下田南高等学校
http://www.shizuoka-c.ed.jp/shimodaminami-h/

(南豆製氷応援団・事務局)
[PR]
by nanzu-plus | 2007-12-03 00:00 | 情報
プレスリリース:「ブージー・ブルース・バンドがライブ」
2007年11月14日

ブージー・ブルース・バンドがライブ
Beaujolais Blues 2007
f0009157_2356063.jpg

南豆製氷(なんずせいひょう/所在地:静岡県下田市1-6-18)の
保存と再生を目指して活動している内外市民のグループ「南豆製氷応援団」
(代表:清田康弘)からのお知らせです。

11月25日に下田の人気バンド、ブージー・ブルース・バンドが
南豆製氷でライブを行います。

南豆製氷でのボージョレ・ヌーヴォー解禁に合わせた「Beaujolais Blues
2007(ボージョレ・ブルース2007)」は、すでに三年目になりました。当日は
会場にボージョレ・ヌーヴォーとおつまみをご用意してお待ちしています。
バンドのご厚意で演奏は無料です。南豆製氷の保存に向けてカンパして
くださった方にワインをふるまいます。

豊作を祝うこの季節、ワイン片手にくつろいで大人のブルースを
お楽しみください!

このライブが「南豆製氷・登録有形文化財指定記念企画」を締めくくる
企画となります。同企画の第3弾として、23日から25日の期間は
11:00から16:00まで南豆製氷を一般公開しますので、ぜひ
ご見学ください。期間中の展示その他企画も進行中です。

第1弾として11月3日と4日に開催した「一発入魂!あなたの作品展」には、
内外54名が出展、両日で280名以上の観光客や市民でにぎわい、
お陰さまで大盛況のうちに終了しました。来場者の投票で決定された
「2007一発入魂!大賞」の結果も近く発表します。第2弾として17日から
19日まで「伽嶋清華・切り絵展」を開催します(10:00から16:00)。
切り絵の原画に触れる貴重な機会をどうぞお見逃しなく!

今後とも南豆製氷の保存・再生に向けてみなさまのご理解・ご協力を
お願いいたします!

「Beaujolais Blues 2007」
ブージー・ブルース・バンドLIVE
◆日時:2007年11月25日(日)16:00開演
◆場所:南豆製氷・機械室
◆入場:無料
◆カンパしていただいた方にボージョレ・ヌーヴォーをふるまいます。
◆主催:南豆製氷応援団
◆問い合わせ:南豆製氷応援団・事務局0558-22-3166(はなぶさ)

(南豆製氷応援団・事務局)
[PR]
by nanzu-plus | 2007-11-15 00:00 | 情報
プレスリリース:「温故知新」定期朗読会
f0009157_13235496.jpg

10月31日

~詩人が生まれる夜~
「温故知新」定期朗読会が始まります

南豆製氷(なんずせいひょう/所在地:静岡県下田市1-6-18)の
保存と再生を目指して活動している内外市民のグループ「南豆製氷
応援団」(代表:清田康弘)からのお知らせです。

自分の好きなコトバを声に出して読んでみよう。長い年月が刻み
込まれた南豆製氷の空間に身を置いて、コトバを介してそこに
生まれる何かをみんなで共有しよう―。

11月を皮切りに、南豆製氷にて毎月11日に「温故知新」と題した
定期朗読会が始まります。

これは、下田市内の小学校を訪問して読み聞かせを行ったり、
各地で朗読会を催しているボランティアグループ「鮎の詩」メンバー、
萩原和美さんの発案でスタートする企画です。

2007年3月に南豆製氷で開催した映像と朗読のイベント「満月の
ピクニック」に出演した萩原さんは南豆製氷の空間の奥深さに魅了され、
その後も6月の「100万人のキャンドルナイト下田@南豆製氷」など、
南豆製氷で行われてきたさまざまなイベントに参加しています。

訪れる人それぞれにいろいろなことを語りかけてくる南豆製氷で、
朗読は初めてという人にも気軽に参加して朗読の楽しさを知って
もらいたい。「温故知新~詩人が生まれる夜~」は萩原さんの
そんな想いがきっかけとなりました。

参加費無料、参加者は好きな詩や歌詞、文章を手に、午後七時に
南豆製氷に集合です。気楽な雰囲気のなか、あたたかい飲み物などを
ご用意してお待ちしていますので、朗読初心者の方も聴くだけの方も
ふらっとお立ち寄りください。

今後とも南豆製氷の保存・再生に向けてみなさまのご理解・ご協力を
お願いいたします!

「温故知新~詩人が生まれる夜~Vol.1」
◆日時:2007年11月11日(日)19:00~
◆場所:南豆製氷・機械室
◆参加費:無料(カンパ大歓迎!)
◆主催:南豆製氷応援団
◆問い合わせ:南豆製氷応援団・事務局0558-22-3166(はなぶさ)

◆季節柄、暖かい服装でお越しください。

ポスターは、下記サイトからダウンロード可能です:

印刷用詳細版(PDF)
http://sgym.web.fc2.com/onkotishin001.pdf
web用縮小版(JPG)
http://sgym.web.fc2.com/nanzdir/onkotishin001.jpg

(南豆製氷応援団・事務局)
[PR]
by nanzu-plus | 2007-11-10 00:10 | 情報
プレスリリース:「伽嶋清華―切り絵展」
f0009157_16244618.jpg

2007年11月5日

「伽嶋清華―切り絵展」
有形登録文化財指定記念企画の第二弾

南豆製氷(なんずせいひょう/所在地:静岡県下田市1-6-18)の
保存と再生を目指して活動している内外市民のグループ「南豆製氷応援団」
(代表:清田康弘)からのお知らせです。

11月17日から三日間、「伽嶋清華―切り絵展」を開催します。

2005年六月。「下田の古い建物の切り絵を制作したいので、南豆製氷の
写真をください」。これが、切り絵師“伽嶋清華(かじま・せいが。雅号)”と
南豆製氷応援団の出会いでした。その年の八月には南豆製氷で初の個展
「伽嶋清華展―下田が生んだ天才切り絵師!」が開催されました。

その後も下田生まれ下田育ちの若き切り絵師は南豆製氷を題材にした
素晴らしい作品を創作、南豆製氷の保存を目的としたポスターなどに積極的に
提供すると共に、南豆製氷応援団の一員としても献身的に活動してきました。
今回は、南豆製氷の四季を描いた作品約20点を展示します。

現状の南豆製氷は温度や湿度が管理できる空間ではないため、切り絵の
ような繊細な作品の展示には向いていませんが、2005年の個展の時の
ように印刷された形では切り絵の持つ独特な魅力が表現しきれないという
作家本人の想いから、今回は原版の切り絵作品をそのまま展示していただく
ことになりました。切り絵という手間をかけた立体的な作品の面白さ、
伽嶋さんの大胆かつ繊細な線や色彩を、存分にお楽しみいただけると思います。

今回の作品展は、今年の夏に南豆製氷が国の登録有形文化財に指定された
ことを記念して行う企画の第二弾です。第一弾の「一発入魂!あなたの
作品展」は11月3日、4日に開催され、下田市内にとどまらず、南伊豆、
松崎、沼津、東京、神奈川から、絵画、陶芸、造形作品、歌唱など、ジャンルを
またぐ入魂の“作品”が50点も集まりました。また、二日間に来場された
約280名の地元や観光客のみなさまにも、各自が選んだ入魂の作品に一票を
投じる形で参加していたきました。投票結果は近日中に開票して発表します。

なお、11月11日19:00から、定期朗読会「詩人が生まれる夜―温故知新」が
始まります。

今後とも南豆製氷の保存・再生に向けてみなさまのご理解・ご協力を
お願いいたします!

「伽嶋清華 切り絵展」
◆日時:2007年11月17日(土)、18日(日)、19日(月)10:00~16:00
◆場所:南豆製氷・機械室
◆入場料:500円(カンパも歓迎!)
◆主催:南豆製氷応援団
◆問い合わせ:南豆製氷応援団・事務局0558-22-3166(はなぶさ)

(南豆製氷応援団・事務局)
[PR]
by nanzu-plus | 2007-11-05 00:00 | 情報
プレスリリース:「一発入魂!あなたの作品展」
2007年10月19日

文化の日に「一発入魂!あなたの作品展」
有形登録文化財指定記念企画の第一弾

南豆製氷(なんずせいひょう/所在地:静岡県下田市1-6-18)の
保存と再生を目指して活動している内外市民のグループ「南豆製氷
応援団」(代表:清田康弘)からのお知らせです。

11月3日、4日の文化の日の週末に、誰でも自由に参加できる
「一発入魂!あなたの作品展」を開催します。南豆製氷がこれまでの
保存活動の過程でさまざまな創作活動の場となってきたことから、
プロ・アマ(趣味・本業)の別や表現方法を問わず、各自が“自信作”
・“一発芸”をひとつだけ持ち寄って、南豆製氷で披露する企画です。

“作品”は、絵画、陶芸、パッチワーク、写真、盆栽、歌、料理、
楽器演奏、ダンス等々、表現手段は自由です。参加資格は特にありません。
参加費は500円。参加希望者は10月31日までに電話またはメールで
南豆製氷応援団の事務局にお申し込みください。11月3日、4日の両日、
南豆製氷で作品を発表します。入場は無料ですが、南豆製氷は建物の
劣化を少しでも食い止めるための大規模な修繕活動を控えているため、
来場者からのカンパは大歓迎です。

今回の「一発入魂!あなたの作品展」は、今年の夏に南豆製氷が
国の登録有形文化財に指定されたことを記念する企画の第一弾です。
第二弾は11月17日-19日の「伽嶋清華・切り絵展」、第三弾は
11月23日-25日の「VISION―南豆製氷のこれまで、そしてこれから
(仮称)」。また、11日には詩の朗読会、25日には今年で三回目となる
ブージー・ブルース・バンドの「ボージョレ・ブルース2007」ライブと、
11月はイベントが続きます。

今後とも南豆製氷の保存・再生に向けてみなさまのご理解・ご協力を
お願いいたします!

「一発入魂!あなたの作品展」
◆日時:2007年11月3日(土)、4日(日)09:00~19:00
◆場所:南豆製氷
◆入場料:無料(カンパ大歓迎!)
◆主催:南豆製氷応援団
◆問い合わせ:南豆製氷応援団・事務局0558-22-3166(はなぶさ)

参加作品募集中!
◆参加ご希望の方は、10月31日(水)までに南豆製氷応援団・事務局に
電話(0558-22-3166)またはメール(nanzu@center.email.ne.jp)で
お申し込みください。
◆南豆製氷の保存に向けた支援金として参加費500円をいただきます。

(南豆製氷応援団・事務局)
[PR]
by nanzu-plus | 2007-10-19 00:00 | 情報
エマニュエル・レニエ写真展
Eloge de la Friche - 休閑地礼賛
エマニュエル・レニエ写真展
f0009157_17413781.jpg

10月21日から一週間、南豆製氷の機械室にてフランス人カメラマン、
エマニュエル・レニエ(Emmanuel Régniez)さんの写真展を開催します。

レニエさんは二年前に来日、現在は東京のフランス人学校でフランス語を
教える教師です。写真家としては、個人のポートレートやフランス北部の
廃工場の光と陰を捉えた作品などがあります。

今年のゴールデン・ウィークに南豆製氷を見学、六月に再度来訪して
機械室、製氷室、貯氷庫を100枚以上の写真に収めました。

一人でも多くの市民に観てもらいたいとのご希望により入場は無料ですが、
展示写真を販売した売り上げの一部を南豆製氷の維持・保存のために
寄付していただくことになっています。

10月20日には南豆製氷でオープニング・レセプションが行われます。
来場者にはレニエさん自身がフランスのワインやチーズをふるまうとのこと。
みなさま、お誘いあわせの上、ご来場ください。

時   2007年10月21日(日)~28日(日)13:00~18:00
場所  南豆製氷(伊豆急下田駅から港に向かって徒歩3分)

☆入場無料。カンパ大歓迎!
☆オープニング・レセプション:10月20日(土)17:00~19:00/機械室
★設営・店番をお手伝いいただける方は、南豆製氷応援団・事務局まで
ご連絡ください(nanzu@center.email.ne.jp)。助かります!

Emmanuel Régniez
http://home.nordnet.fr/~efranzinregnier/index.htm

(南豆製氷応援団・事務局)
[PR]
by nanzu-plus | 2007-10-09 00:00 | 情報
広報誌『建築静岡』に南豆製氷が掲載されました
広報誌『建築静岡』に南豆製氷が掲載されました

この夏、全国でも珍しい近代の製氷工場跡として国の登録有形文化財に
指定された南豆製氷ですが、(社)静岡県建築士会が広報誌『建築静岡』の
9月号で南豆製氷を取り上げています。

表紙で下田市初の登録有形文化財であることを写真と共に紹介、内容では
この冬に実施した南豆製氷の修復実験について、南豆伊豆石トラストの
清水直子さんが報告しています。ぜひ一読ください。

下記サイトからPDFファイル(856KB)がダウンロード可能です(期限付き)。
http://sgym.web.fc2.com/index.html

静岡県建築士会http://www.shizu-shikai.com

修復実験
下田まち遺産連携会議が平成18年度に国の助成を受けて実施した
「全国都市再生モデル調査」の活動のひとつ。下田内外の市民が資金・
資材・労働を含むさまざまな面で職人や建築家などの専門家と協力して
古い建物を修繕する実験的な試み。「調査」では南豆製氷を対象に、
貯氷庫棟の屋根を部分的に修繕しました。

下田まち遺産連携会議(活動はお休み中)→http://smrk.exblog.jp

(南豆製氷応援団・事務局)
[PR]
by nanzu-plus | 2007-10-02 00:00 | 情報
プレスリリース「一部の梁で劣化が進行、機械室を一時閉鎖」
2007年7月11日

一部の梁で劣化が進行、機械室を一時閉鎖
14日の一般公開・市民フォーラムは中止

南豆製氷(なんずせいひょう、旧南豆製氷所/所在地:静岡県下田市1-6-18)
の保存・再生を目指して活動している内外市民のグループ「南豆製氷応援団」
からのお知らせです。

7月7日付けで機械室を一時的に閉鎖し、使用禁止としました。先月も22日に
「キャンドルナイト」が開催されるなど、イベントに使われることの多い空間ですが、
屋根の雨漏りが続いている箇所があり一部の梁で劣化が進んでいるため、
応急措置を施すまでの一時的な措置です。

これに伴い、7月14日に予定していた一般公開と「市民フォーラム」も中止に
なりました。

南豆製氷は2004年の廃業から三年を経て建物の状態が部分的に悪化して
います。今年1月には貯氷室の内壁が一面崩落し、貯氷庫を全面立入禁止に
しました。また、1月末には機械室でも梁の劣化に対応するために一時閉鎖し、
2月初旬に再び使用を再開した経緯があります。

南豆製氷の構造を補強するには多大な資金がかかることが予想されますが、
南豆製氷応援団は下田内外のみなさまから募金をはじめとする様々な形で
ご協力いただき、市民が力を合わせてできる限りの応急措置を施すべく
努力しています。

その際には共に南豆製氷の保存活動を進めてきた建築の専門家がチームを
組み、今年2月以降継続的に行っている劣化箇所の測定データや写真などを
もとに応急措置の必要性などを検討、チームが作成した補修計画を、地元の
専門職のみなさまの協力を得て下田TMO(株)、東京のNPO地域再創生
プログラム、応援団のメンバー、市民ボランティアの方たちと実施しています。
今回の機械室の一時閉鎖も、安全を第一に考え、建築設計チームの指示に
従った決定です。

南豆製氷は7月にも国の登録有形文化財として正式に認められる予定で、
一般の見学者が増えることが予想されます。また、8月には複数のイベントが
予定されていることから、一日も早く最低限の安全性を確保し、機械室の使用・
見学が再開できるよう、建築設計チームの指示に従って応急措置を実施したいと
考えています。

今後とも南豆製氷の保存・再生に向けてみなさまのご理解・ご協力をお願い
いたします。

なお、これまでに南豆製氷で実施された主な応急的な修繕の内容は以下の
とおりです。

・2006年12月~2007年1月
 貯氷庫棟東側の屋根の雨漏りの修繕 (下田まち遺産連携会議)
・2007年2月
貯氷庫棟通路に壁面を支える仮支柱を設置
・2007年2月
 機械室の劣化した梁を支える仮支柱を設置
・2007年5月
 機械室外側の東北角に石が落下した場合に備えてセーフティ ネットを設置
・2007年6月
 第二製氷室の製氷プールの換気を改善

(南豆製氷応援団・事務局)
[PR]
by nanzu-plus | 2007-07-11 00:00 | 情報
「百万人のキャンドルナイト」公式サイトに登録!
私たちの「2007夏至・キャンドルナイト下田@南豆製氷」イベントが
百万人のキャンドルナイト実行委員会の公式サイトに登録されました!

URL→http://event.candle-night.org/

現在、22日に向けてゆるゆると準備が進んでいます。
当日はキャンドルを一本にぎりしめて、ぜひ南豆製氷にいらしてください。

※「2007夏至・キャンドルナイト下田@南豆製氷」の詳細については
「情報」カテゴリをご覧ください。

(南豆製氷応援団・事務局)
[PR]
by nanzu-plus | 2007-06-19 00:00 | 情報


南豆メモ
南豆製氷 消滅


これまで建物を
残してくださった
所有者に向けた
≪ありがとう募金≫
2013.11.30 終了
合計:36万3,593円

::Links::::::::::::::::::::::::::::::
下田まち遺産連携会議
下田TMO
NPO地域再創生プログラム
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
[下田]「氷の日」に南豆..
from no room for sq..
[下田][event]南..
from no room for sq..
[news]南豆製氷が登..
from no room for sq..
夏休みのご報告 〜 社会..
from Secret Colors'..
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧