伊豆下田の南豆製氷を  未来に活かすサイトです。
by nanzu-plus
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ:情報( 66 )
プレスリリース:「キャンドルナイト下田@南豆製氷」
2007年6月17日

「キャンドルナイト下田@南豆製氷」
百万人のキャンドルナイトに参加しよう!

南豆製氷(なんずせいひょう、旧南豆製氷所/所在地:静岡県下田市
1-6-18)の保存・再生を目指して活動している内外市民のグループ
「南豆製氷応援団」からのお知らせです。

一日が最も長い夏至の晩に、電気を消してロウソクの明かりのなかで
エネルギーの大切さや地球上で起きていることに想いを馳せよう―。
「百万人のキャンドルナイト」の呼びかけに応じて、南豆製氷でも
ささやかなキャンドルナイトを催すことになりました。

6月初旬、九州で保存されてきた原爆の“平和の灯”を北海道で行われる
キャンドルナイトの種火として使うためにリレーで運んでいる方たちが
南豆製氷に立ち寄ってくださったのがきっかけでした。さらに、萩原
秀氏さんの“環境問題をテーマとした『豪快な号外』を全国に3000万部
配布しよう(賀茂郡は7000部)”との呼びかけが起爆剤となって、
有志が進めてきた企画です。

アンモニアを冷媒に使って製氷を行ってきた南豆製氷は、これまで
必ずしも周囲の住民や環境にやさしい施設ではなかったかも知れません。
そんな南豆製氷をこれからは下田の自然環境にも配慮した場として
再生してゆければ―。今回の企画にはそのような意図も込められています。

夏至の晩の二時間、南豆製氷の照明を消して第一製氷室をキャンドルで
ライトアップします。詩の朗読や(電気を使わない)楽器の演奏も予定
しています。「電気を消す」ことをテーマに想いを表現したい方の参加を
歓迎します。当日は10:00から南豆製氷の見学が可能です。

世界各地の人びとと連動する夏至のひととき、南豆製氷にロウソクを
灯しに来てください!

2007夏至・キャンドルナイト下田@南豆製氷
時   2007年6月22日(金)20:00~22:00
場所  旧南豆製氷所(入場無料)

★ロウソクを一本お持ちください。
☆当日は10:00から20:00まで建物の見学が可能です。
★詩の朗読、インスタレーション、演奏など、「電気を消す」ことをテーマに
 想いを表現したい方、歓迎です。演奏は、アンプラグド、アコースティック、
 “始原”を感じさせる音源でお願いします。
☆食べ物、飲み物などをふるまっていただける方も大歓迎です。

◆「百万人のキャンドルナイト」 URL→http://www.candle-night.org
 夏至の晩に電気を消して、私たちの地球で起きていることに思いを
 馳せようという世界的な運動。
◆TEAM GO GO 2007『豪快な号外』キャンペーン
 URL→http://www.teamgogo.net
 キャンドルナイトの晩、ロウソクの明かりで環境問題をテーマにした
 『豪快な号外』を読もう!

(南豆製氷応援団・事務局)
[PR]
by nanzu-plus | 2007-06-17 00:00 | 情報
2007夏至・キャンドルナイト下田@南豆製氷
Turn Off the Lights, Take it Slow…
電気を消して、ゆったりすごそう

一年で最も長い夏至の日、電気を消してロウソクを灯して
エネルギーの大切さや明かりのありがたみを実感しよう。
そんな想いから発した「百万人のキャンドルナイト」。
人類共通の夏至の晩、世界のあちこちで行われる
この行動に共鳴して、下田では南豆製氷にてささやかな
キャンドルナイトを行います。

環境問題を考えるもよし、世界の人々に想いを馳せるもよし、
友達や家族と静かなひとときを過ごすもよし。

あなたもロウソクを灯しにきませんか。

◆百万人のキャンドルナイト http://www.candle-night.org/index.html
f0009157_0305861.jpg

2007夏至・キャンドルナイト下田@南豆製氷
Candle Night
Summer Solstice 2007 Shimoda@Nanzu Seihyo

時   2007年6月22日(金)20:00~22:00
場所  南豆製氷(伊豆急下田駅から港に向かって徒歩3分)

 ☆入場無料です。
 ☆ロウソクを一本お持ちください。
 ☆第一製氷室をキャンドルでライトアップします。
 ☆当日は10:00から20:00まで建物の見学が可能です。

 ★19:00頃から準備に入ります。助っ人よろしくお願いします。
 ★詩の朗読、インスタレーション、演奏などなど、「電気を消す」ことから
  派生するさまざまな想いを表現したい方、歓迎です。演奏の場合は、
  アンプラグド、アコースティック、“始原”を感じさせる音源でお願いします。
 ★ちょっとした食べ物、飲み物などをふるまっていただける方も大歓迎です。

TEAM GO GO 2007『豪快な号外』キャンペーン
キャンドルナイトの晩、ロウソクの明かりで環境問題をテーマにした
『豪快な号外』を読もう!南豆製氷応援団は『豪快な号外』を全国で
3000万部配布する「TEAM GO GO 2007」キャンペーンに参加しています。

22日も一日中この『豪快な号外』を配ります。

◆TEAM GO GO 2007 http://www.teamgogo.net

★下記サイトから2007夏至・キャンドルナイト下田@南豆製氷
 フライヤーをダウンロードできます。

web用縮小版(JPG) http://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/c/croquis/ 20070616/20070616154040.jpg

印刷用詳細版(PNG) http://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/c/croquis/ 20070616/20070616154031.png

(南豆製氷応援団・事務局)
[PR]
by nanzu-plus | 2007-06-16 00:00 | 情報
プレスリリース:地元の篤志家から三十万円の寄付!
2007年6月11日

地元の篤志家から三十万円の寄付
今後の募金活動に大きな励み

南豆製氷(なんずせいひょう、旧南豆製氷所/所在地:静岡県下田市
1-6-18)の保存・再生を目指して活動している内外市民のグループ
「南豆製氷応援団」からのお知らせです。

このたび、下田生まれ下田育ち、旧町内で商売を営まれている匿名を
希望する個人の方から、「南豆製氷のために使ってください」と30万円の
寄付をいただきました!地元の篤志家の方の暖かいご支援に、南豆製氷
応援団一同、心から御礼申し上げます。

南豆製氷応援団・清田康弘代表のコメントです。
「お気持ちに大変感謝しています。南豆製氷は今夏にも国の有形登録
文化財として正式に指定される予定なので、それを契機に積極的に
募金運動をやりたいと思っています。今回、地元の方に寄付をいただいた
ことは大きな励みになります。みなさまもぜひ募金にご協力ください。」

南豆製氷は、署名や募金など、下田内外の多くの方たちにさまざまな形で
支えられてきました。

2005年6月に下田TMO(株)が事業化を断念した際、私たちの募金の
呼びかけに真っ先に応じてくださったのはTMO支援者のみなさまでした。
日本政策投資銀行の藻谷浩介さんが下田で講演された際に講演料を
そのまま寄付され、聴衆を驚かすエピソードもありました。また、前の
所有者だった下田市商業協同組合が市の歴史的まちなみ景観整備基金に
300万円を寄付され、その一部は2006年9月に実施された南豆製氷の
構造調査に活用されています。

保存運動の過程では、改修費用として5000万円をスタンバイさせるとの
市外の篤志家の方が存在し、昨年ようやく「下田のために」と現オーナーが
個人で購入されるなど、南豆製氷はこれまで下田内外の多くのみなさまに
ご支援いただくという幸運に恵まれてきました。

また、南豆製氷を訪れる観光客からのカンパや、南豆製氷をイベントなどに
使ってくださるみなさまからの維持協力金も、毎月の電気代やイベントの
際の保険代など、南豆製氷を市民に開かれた場として維持するために
大切に使わせていただいています。

南豆製氷応援団は、老朽化が進む建物に応急措置を施すための修繕
費用にも、みなさまからの寄付を活用させていただくと共に、市民が使用
することを快諾してくださった現オーナーの固定資産税分だけでもお支払い
すべく、募金活動を進めています。

今後ともみなさまの暖かいご支援を、どうぞよろしくお願いいたします!

(南豆製氷応援団・事務局)

※募金は下記の郵便局口座までお振込みください:
 名義:南豆製氷応援団/口座番号:00880-4-205521
[PR]
by nanzu-plus | 2007-06-11 00:00 | 情報
6月1日に「南豆製氷・市民フォーラム」再開!
「氷の日」に南豆製氷の未来をみんなで考えよう!
6月1日に「南豆製氷・市民フォーラム」再開!

下田市初の国の登録有形文化財となることが決まった南豆製氷―。

現在、急速に老朽化が進んでいます。

下田を愛し、南豆製氷を愛するみんなで知恵を出し合って、
この大切なまち遺産に未来を切り拓くため、これからも南豆製氷で
楽しい時をすごせるようにするため、一緒に保存・再生策を
考えようではありませんか!

日時:2007年6月1日(金)19:00~21:00
場所:南豆製氷・機械室

急な告知で申しわけありませんが、2005年6月1日の「氷の日」に
初めての「南豆製氷・市民フォーラム」を開催したことを思い出して
再開もこの日に合わせた次第です。今後も毎月一回のペースで開催する
予定ですので、下田外の方もお時間があればご参加ください。

※詳細な背景については、プレスリリースをご参照ください。

(南豆製氷応援団・事務局)
[PR]
by nanzu-plus | 2007-05-30 01:00 | 情報
プレスリリース:「南豆製氷・市民フォーラム」再開
2007年5月30日

「南豆製氷・市民フォーラム」再開
南豆製氷の未来を市民みんなで考えよう!

南豆製氷(なんずせいひょう、旧南豆製氷所/所在地:静岡県下田市
1-6-18)の保存・再生を目指して活動している内外市民のグループ
「南豆製氷応援団」からのお知らせです。

毎年6月1日は「氷の日」。人工的な製氷技術がなかった時代に、
山の氷室から切り出された氷が天皇家や将軍家に奉納される日でした。
全国の氷室神社では、祭神に対する献氷祭の儀式をこの日を中心に
新暦の5月1日、あるいは7月1日に行っています。

南豆製氷応援団は、6月1日(金)19:00から、南豆製氷の機械室にて
「市民フォーラム」を開催します。参加無料、南豆製氷の未来に関心を
寄せる内外市民に開かれた会合です。

フォーラムは、市民みんなで南豆製氷を取り巻く現状を共有し、
将来的な活用案を考えるために実施するものです。南豆製氷が解体の
危機に直面していた2005年6月1日に南豆製氷にて初めて開催、
その後も8月3日、9月14日(市民文化会館)、12月3日、21日(下田市
およびNPO地域再創生プログラムとの共催イベント/市民文化会館)と
開催してきました。

2006年6月に個人の篤志家が購入することで南豆製氷は解体を免れる
こととなり、将来的な活用案の検討は南豆製氷の保存運動を機に生まれた
「下田まち遺産連携会議」(注)の参加者が中心となって継続してきましたが、
2006年度の「全国都市再生モデル調査」実施を経て同会の活動は
南豆製氷を含めた下田の“まち遺産”全体を対象とする方向へと
展開しつつあります。

そこで、南豆製氷を中心とする活動については南豆製氷応援団が再び
主導しようとの考えから、また、南豆製氷を下田のまちにいかに活かして
ゆくか、広く市民のみなさまに考えてほしいとのオーナーのご意向にも
沿うべく、このたび「南豆製氷・市民フォーラム」を再開するものです。

南豆製氷は今夏にも下田市初の国の登録有形文化財に指定されることが
内定していますが、2004年二月の廃業以来、急速に老朽化が進んでいます。
オーナーのご厚意で南豆製氷を借りて管理・運営を担当している南豆製氷
応援団も、下田内外のみなさまのご協力を得て応急措置は施しているものの、
構造補強に必要な資金調達の目処は全く立っていないのが現状です。

「南豆製氷・市民フォーラム」は、今後も毎月一回のペースで開催してゆく
予定です。南豆製氷を下田の未来に活かすために、みなさまのご参加を
お待ちしています!


下田まち遺産連携会議 URL→http://smrk.exblog.jp
南豆製氷の保存運動をきっかけに生まれた意見交換の場。下田市民有志、
南豆製氷応援団、南豆伊豆石トラスト、下田TMO(株)、NPO地域再創生
プログラムなど、歴史的建造物の保存や、まちづくり活動に取り組む個人・
団体の集まりです。2006年度は国から調査費を得て下田旧町を対象とした
「全国都市再生モデル調査」を実施。

(南豆製氷応援団・事務局)
[PR]
by nanzu-plus | 2007-05-30 00:00 | 情報
黒船祭&いしがまやピザバス
南豆製氷を黒船祭に一般公開、外ではピザバスが営業
f0009157_19585448.jpg

5月18日から20日の「黒船祭」の期間は、連日10時から16時まで南豆製氷を
一般公開して、南豆製氷応援団メンバーが見学希望者に建物をご案内します。

(今年1月に内壁の一部が崩落した貯氷庫棟は残念ながら一般には立入禁止
とさせていただきます。また、第一製氷室の床の状態を悪化させないため、
一度に入場できる人数を制限させていただきます)。

さらに!5月15日から6月3日までの三週間、大賀茂に本店を置くピザ屋の
“いしがまや”のピザバス(移動型レストラン)が、南豆製氷西側の貯氷庫脇
スペースで営業します。ピザバスの南豆製氷への登場は、昨年の「文化の日」
以来です。期間中は同店の独自イベントも開催しますので、ぜひご来場ください。

南豆製氷応援団は、いしがまやのご協力を得て、ピザバスの横に設けられた
ウッドデッキで地元作家の作品の展示即売(「ぷち・南豆くらふとバザ~ル」)や、
ミニ・ライブ(25日)を開催します。27日には、以前からご協力いただいている
東京のウルトラ・スーパー・ヴォーカリストのボンバー・ドラミさんと、地元ミュー
ジシャンらによる南豆製氷の保存を目的とした“投げ銭”チャリティ・ライブ♪

南豆製氷は3月の文部科学大臣への答申を受けて、今夏にも下田市初の
国の登録有形文化財の指定を受けることになっています。下田漁業の近代化を
見守り続けた貴重な建物として、機械室・製氷室・貯氷庫を完備した全国でも
希少な産業遺産として認められた結果です。

GW期間中も建物を見学者に公開し、午後の数時間だけでしたが、400名を
超えるみなさまにご見学いただきました。「文化財登録」のニュース効果もあって、
初めて来訪された下田市民の姿も目立ちました。

南豆製氷の保存・再生に向けて、みなさまのご理解、ご支援をお願いします!

南豆製氷応援団
[PR]
by nanzu-plus | 2007-05-17 00:00 | 情報
情報 南豆製氷が国の登録有形文化財に!
f0009157_11191444.jpg

3月16日に行われた文部科学大臣の答申を受けて、南豆製氷が
国の登録有形文化財として認めらることが確実になりました。

下田市では初の登録有形文化財になります。

17日付けの伊豆新聞によれば、新規に申請のあった登録有形文化財は
南豆製氷を含めて209件、そのうち静岡県で認められたのは下田市の
一件だけとのことです。また、静岡県内の登録有形文化財は122件、
全国では6273件が登録されているそうです。

南豆製氷は、「製氷室および冷蔵・冷凍庫を備えた我が国における
機械製氷工場の古い遺構として、また近代建築の意匠や技術・材料等の
特色を明確に示す建造物として、歴史的かつ学術的に極めて高い価値を
有している」(日本建築専門学校・建部恭宣教授/某報告書から抜粋)。

さまざまな魅力をもつ南豆製氷ですが、今回のお墨付きをきっかけに、
歴史的なアングルから関心を持つ方が増えれば、また新たな活動に
発展してゆくかも知れません。

ただ、価値は認められたものの、日々老朽化が進んでいるのは紛れもない
現実です。私たちは下田TMOや東京のNPO地域再創生プログラム、
地元の協力者と力を合わせて、建物の老朽箇所に精一杯の応急措置を
行いたいと考えています。

下田の大切な“まち遺産”を未来に活かすために、今後ともみなさまからの
有形無形の温かいご支援をお願いいたします。

南豆製氷応援団

□募金の振込先は下記の郵便局口座までお願いいたします。
 (大変申しわけありませんが、振込み手数料もご負担ください)

 南豆製氷応援団 00880-4-205521

□画像は、3月16日。18日に南豆製氷で創作活動を行うタン・ズイチンさんの
 OHPの明かりに照らし出された南豆製氷・第一製氷室の外壁。
[PR]
by nanzu-plus | 2007-03-17 01:00 | 情報
情報 映像と詩の朗読コラボレーション-『満月のピクニック』
老朽化した梁に支柱が設置され、南豆製氷にてイベント再開!
f0009157_2382159.jpg

新月の晩に催される『満月のピクニック』―。

京都の映像作家タン・ズイチンさんがOHPを使って投影する映像と
下田の萩原和美さんの詩の朗読によるコラボレーションです。

伊豆石の柔らかな質感とまろやかな音響効果があいまって創り出す
幻想的な空間で、ゆったりとしたひとときをお楽しみください。

当日は南豆製氷の“喫茶なごみ部門”を担当してくださっている(笑)
塚本姉妹が美味しいお茶と珈琲をご用意してお待ちしております。

日時:2007年3月18日(日)19:00~
場所:南豆製氷・第一製氷室
入場料:無料(カンパよろしくお願いします)


◆下記サイトからフライヤーをダウンロードできます
 http://tanjc.net/FullMoon/FullMoon_flyerA5_v5.pdf

陳 維錚(タン・ズイチン)official website
 http://tanjc.net
[PR]
by nanzu-plus | 2007-03-01 00:00 | 情報
南豆製氷にて実験的な修復プログラムが始まっています
f0009157_302050.jpg

南豆製氷では12月9日から修復作業が始まっています。

南豆製氷の保存活動がご縁で集結した下田内外の仲間たちで構成された
「下田まち遺産連携会議」の活動の一環です。

地元の職人さんと市民ボランティアの手で南豆製氷が少しずつ改修されて
ゆく姿を、下記ブログにてご覧ください。
下田まち遺産連携会議 http://smrk.exblog.jp

23日から年末にかけて修復実験の山場である屋根の作業が行われます。
師走の慌しい時期ではありますが、お時間の許す方はぜひボランティアとして
ご参加ください。なお、ご見学の際は現場に近寄りますと危険ですので
充分ご注意くださいますようお願いします。

ボランティア募集の詳細については下記サイトをご覧ください。
南豆伊豆石トラスト http://izuishi.com

なお、12月20日から1月21日まで、機械室にて下田在住の渡辺信さんが
製作した工芸品の展示を行っていますので、こちらへもぜひご来場ください。

南豆製氷を内外に開かれた場として使っていただける方を募集しています。

みなさまのご理解とご協力をよろしくお願いします!

南豆製氷応援団
[PR]
by nanzu-plus | 2006-12-18 00:00 | 情報
静岡「県民の日」地域イベント2006
伊豆石を通じて伊豆・静岡を再発見!

風光明媚な海と山の景観で有名な静岡県・伊豆半島には、実はあまり
知られていない顔があります。それは、近世まで石の産地だったことです。
半島に点在する丁場(石切り場)から切り出された「伊豆石」は建材として
重用され、“海の東海道”を経て日本各地へと運ばれてゆきました。

伊豆・下田も伊豆石の産地です。よその地域では富裕層のみに許された
石造りの民家や蔵が今でも当たり前の風景として残っています。そして
旧町内に現存する最大級の伊豆石造りの建物が、南豆製氷なのです。

南豆製氷の保存に向けて活動してきた市民グループ南豆製氷応援団は
南豆伊豆石トラストと共催で8月21日の県民の日に合わせて伊豆石に
スポットライトを当てたイベントを開催します。

伊豆石とナマコ壁の下田のまち遺産をめぐるスタンプ・ラリー
地図を片手に旧町内に残る伊豆石造りの建物などをめぐり、スタンプを集めよう!
◆日時:8月19日(土)と20日(日)10:00~17:00
◆場所:南豆製氷にて地図を配布します。お好きな時間にご来場ください。
◆参加費:500円

「県民の日」記念講演  街を結ぶ水のみち 海の東海道
海洋流通工学の専門的な見地から水の道文化のお話を伺います
◆日時:8月19日(土)18:00~19:30
◆場所:セントラルコミュニティホール(下田旧町内)
◆講師:苦瀬 博仁(くせ・ひろひと)さん(東京海洋大学・海洋工学部 教授)
◆参加費:無料

◆2006年に静岡県は県政130周年を迎えました!
19、20日の両日には「県民の日」にちなんだ静岡クイズを実施します。

◆8月20日(日)13:00から南豆製氷にてライブ・イベントを開催します
(入場料\1,000)。東京の即興hip hop jazzバンドSecret Colorsの
音楽演奏をお楽しみください!


Secret Colors URL
Official Website
http://www.secretcolors.com/

(hanami)
[PR]
by nanzu-plus | 2006-08-16 00:10 | 情報


南豆メモ
南豆製氷 消滅


これまで建物を
残してくださった
所有者に向けた
≪ありがとう募金≫
2013.11.30 終了
合計:36万3,593円

::Links::::::::::::::::::::::::::::::
下田まち遺産連携会議
下田TMO
NPO地域再創生プログラム
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
[下田]「氷の日」に南豆..
from no room for sq..
[下田][event]南..
from no room for sq..
[news]南豆製氷が登..
from no room for sq..
夏休みのご報告 〜 社会..
from Secret Colors'..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧