伊豆下田の南豆製氷を  未来に活かすサイトです。
by nanzu-plus
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<   2008年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧
南豆製氷は9月末に所有者に返還します
2008年8月25日

南豆製氷は9月末に所有者に返還します

南豆製氷(なんずせいひょう/所在地:静岡県下田市1-6-18)の
保存と再生を目指して活動している内外市民のグループ
「南豆製氷応援団」(代表:清田康弘)からのお知らせです。

このたび、南豆製氷応援団は9月30日付けで南豆製氷を所有者の
田中俊昭さんにお返しすることを決定して、田中さんのご了解を得ました。
イベントなどの開催はすでに7月以降は中断していますが、建物の
劣化が進み、これ以上の補修活動もできないと判断しました。

南豆製氷応援団は2005年3月に「お金はないが南豆製氷の保存に
向けて私たちにできることをやろう!」と、下田内外の市民による
草の根グループとして発足しました。同年6月以降は当初保存活動を
主導していた下田TMO(株)から引き継ぐ形で、当時の所有者であった
下田市商業協同組合のご理解を得て南豆製氷の実質的な
管理・運営を行ってきました。

これは同組合が南豆製氷の購入のために受けた銀行融資の金利分を
お支払いして借用していたものですが、その際に寄付をいただきました
市内外のみなさまには改めて御礼申し上げます。

その後、解体の危機に直面した2006年に現所有者の田中さんが
“ピンチヒッター”として購入、当初は二年後を目処に将来的な保存や
活用が確定するまで下田市に委託するとのことでした。私たちは、
結果的に建物が無期限閉鎖となれば一般公開やイベント開催もできず、
ますます劣化が進むと考え、石井直樹市長に仲介をお願いして、
南豆製氷応援団が田中さんから賃借する形でこれまで日常的な
管理・運営を担当してきました。

過去三年間、みなさまの暖かいご支援によって、毎月数回のイベントや
見学希望者への一般公開、定期清掃や応急的な修繕活動を続けて
きました。私たちのこれまでの活動を物心両面で支えてくださった
みなさまにこの場を借りて心から御礼申し上げます。

昨年1月に最も痛みの激しい貯氷庫の一室で内壁が一面崩落。
募金を募り、崩落した壁面に沿って応急的な支柱を5本設置し、貯氷庫を
立入禁止にしました。その後も雨どいやイベントに使われることの多い
機械室の梁を補修するなど、私たちにできる限りの修繕を行いましたが、
今年7月に貯氷庫の別の一室で壁が崩落。これを受けて新たに支柱を
増設しましたが、建物はすでに市民による応急的な補修では
保存できないところまできています。

2007年に国の登録有形文化財に指定された南豆製氷は、国内で唯一
一般公開されてきた日本の産業遺産です。市内最大の伊豆石造りの
建造物であり、さまざまに活用できる内部空間を持った旧町への
入り口に位置する港町下田の景観に不可欠なランドマークです。ただ、
このままでは活用はおろか、建物を保存することはできません。
下田市、市民のみなさま、議員のみなさま、南伊豆地域のみなさまに
南豆製氷の保存と再生に向けた行動を改めてお願いいたします。

※お問い合わせは下記までお願いします:
南豆製氷応援団・事務局→nanzu@center.email.ne.jp

南豆製氷応援団
[PR]
by nanzu-plus | 2008-08-26 00:00 | 報告


南豆メモ
南豆製氷 消滅


これまで建物を
残してくださった
所有者に向けた
≪ありがとう募金≫
2013.11.30 終了
合計:36万3,593円

::Links::::::::::::::::::::::::::::::
下田まち遺産連携会議
下田TMO
NPO地域再創生プログラム
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
[下田]「氷の日」に南豆..
from no room for sq..
[下田][event]南..
from no room for sq..
[news]南豆製氷が登..
from no room for sq..
夏休みのご報告 〜 社会..
from Secret Colors'..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧