伊豆下田の南豆製氷を  未来に活かすサイトです。
by nanzu-plus
<   2014年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
写真 2014.3.31
今日で三月も終わる。13:30頃に現場へ。
f0009157_1464150.jpg
f0009157_1464715.jpg

こちら側は一見、動きがなく静かだ。
f0009157_1465574.jpg

川側でトラックに廃材を積み込んでいた。
f0009157_147334.jpg
f0009157_1471193.jpg
f0009157_1471891.jpg
f0009157_1472785.jpg
f0009157_14738100.jpg
f0009157_1474859.jpg
f0009157_148122.jpg
f0009157_148109.jpg

この分だと工事が終了するのは四月の半ばか…。
f0009157_1482087.jpg
f0009157_1483051.jpg
f0009157_1484310.jpg
f0009157_1485254.jpg
f0009157_149069.jpg

[PR]
by nanzu-plus | 2014-03-31 13:30 | 南豆製氷の画像
写真 2014.3.30
現場は日曜で作業はお休み。
f0009157_15210.jpg
f0009157_15994.jpg
f0009157_151844.jpg
f0009157_153023.jpg
f0009157_154067.jpg
f0009157_154989.jpg
f0009157_16091.jpg
f0009157_16898.jpg
f0009157_161711.jpg
f0009157_16296.jpg
f0009157_164316.jpg

[PR]
by nanzu-plus | 2014-03-30 17:00 | 南豆製氷の画像
写真 2014.3.29
13:00前に現場へ。
f0009157_22353989.jpg

すでに昼休みは終わっていた。
f0009157_22354884.jpg

機械室の残骸と思われる木材が積み上げられている。
f0009157_22355941.jpg
f0009157_2236859.jpg
f0009157_2236178.jpg
f0009157_22362631.jpg
f0009157_22363754.jpg

お稲荷さんの桜がありがたい。
f0009157_22364888.jpg
f0009157_22365844.jpg
f0009157_22371011.jpg

貯氷庫・西棟の道路側の石組みはまだ残っている。
f0009157_2237241.jpg

東棟の稲荷側の石組みも。
f0009157_22373473.jpg

でも、それだけだ。あとはファサードの一角と機械室一階の半分が残るのみ。
f0009157_2237444.jpg

伊豆石を一つずつくわえて…
f0009157_22375854.jpg

トラックの荷台に降ろす。
f0009157_2238111.jpg

気の遠くなるような作業が続く。
f0009157_2238221.jpg
f0009157_22383489.jpg

この金属片はどこの部材だろう。
f0009157_2238472.jpg

ようやく満杯になったトラックが伊豆石を運んでゆく。
f0009157_2239075.jpg

「南豆製氷の伊豆石は一部が再利用されるそうで良かったね」
という人がいるが、正直に言えば私は暗澹たる気分になる。
f0009157_22391296.jpg

伊豆石は素材であって、それが伊豆の石工たちの何百年もの
研鑚の結果として80年以上も下田を支え90年を経てなお立ち続けた
近代製氷工場という形をとっていたからこそ、価値があったのだ。
f0009157_22392343.jpg

機械室が、製氷室が、貯氷庫が、伊豆石で区切られた内部空間として
現存していたからこそ、人々はそこに身を置いて時をへだてた
近代下田の勢いやプライドを感じ取ることができたのだ。
f0009157_22393435.jpg

“南豆製氷だった”伊豆石に価値がないとは言わないし、
古材の再利用そのものはもちろん良いことだと思う。
f0009157_22394514.jpg

f0009157_22395670.jpg

ただ、私は人との価値観の落差についてゆけないときがあります。
f0009157_0284452.jpg

(2007年6月、第一製氷室)
[PR]
by nanzu-plus | 2014-03-29 14:00 | 南豆製氷の画像
写真 2014.3.28
仕事に追われまくる。バイトが終わって20:00頃ようやく現場へ。
f0009157_21465880.jpg

だが、暗くて進捗状況がよくわからなかった。
f0009157_2147778.jpg

それにしても、この光の球のように写っていたのはなんだろう…。
f0009157_21471520.jpg

[PR]
by nanzu-plus | 2014-03-28 20:00 | 南豆製氷の画像
写真 2014.3.27
昼過ぎに現場へ。
f0009157_2124684.jpg

足場の中央部が外されてトラックの出入り口ができていた。
f0009157_2123916.jpg

お稲荷さんの桜はいっせいに咲き始めた。
f0009157_2125586.jpg

昼休みに入っても工事は続けられていた。
f0009157_213220.jpg
f0009157_2131026.jpg
f0009157_2131764.jpg
f0009157_213355.jpg
f0009157_2134688.jpg
f0009157_2135543.jpg

貯氷庫の輪郭の一部が見えている。
f0009157_214465.jpg

右側が東棟の貯氷室DE3、左側のコンクリートが中央の通路の床。
f0009157_2141318.jpg
f0009157_2142292.jpg
f0009157_214331.jpg
f0009157_2144591.jpg

2008年に応援団が撤収して手入れされなくなった南豆製氷の伊豆石は
みるみる雑草に覆われていった。多くの植物が建物と命運を共にする。
f0009157_2145578.jpg

[PR]
by nanzu-plus | 2014-03-27 12:00 | 南豆製氷の画像
写真 2014.3.26
完徹明け、早朝の現場へ行ってみた。
f0009157_20282486.jpg
f0009157_20283235.jpg
f0009157_20284010.jpg
f0009157_20284888.jpg

住吉稲荷にお参りしてきた。
f0009157_20285512.jpg
f0009157_202942.jpg

15:00。バイト前に現場へ。
f0009157_20291310.jpg
f0009157_20292398.jpg
f0009157_20293216.jpg
f0009157_20294369.jpg

f0009157_20295693.jpg
f0009157_2030665.jpg

お稲荷さんの桜がほころび始めている。
f0009157_2030192.jpg

近所の大工の棟梁、倉田さんの母御が通りがかった。
「いろいろと思い出があるから解体は残念。」
f0009157_20303150.jpg

南豆製氷より「二つ年上」の93歳。往年の“女大工”だ。
f0009157_20304348.jpg

カメラが趣味。2007年10月に南豆製氷で開催したエマニュエル・
レニエさんの写真展を熱心に鑑賞されていた姿が印象に残っている。
お元気でなにより。
f0009157_20305332.jpg
f0009157_2031465.jpg
f0009157_20311549.jpg
f0009157_20312527.jpg
f0009157_20313621.jpg
f0009157_20314757.jpg
f0009157_20315735.jpg
f0009157_203281.jpg
f0009157_20321941.jpg
f0009157_20323036.jpg

[PR]
by nanzu-plus | 2014-03-26 15:30 | 南豆製氷の画像
写真 2014.3.25
10:30、解体のピッチが速いので今日は早めに現場へ。
f0009157_512156.jpg

すでにファサードの半分が解体されていた。
f0009157_512912.jpg

同時進行でシートと足場がどんどん撤去されてゆく。
f0009157_51217100.jpg
f0009157_512271.jpg
f0009157_512426.jpg
f0009157_5125873.jpg

寝姿山もずいぶん見えるようになった。
f0009157_513845.jpg
f0009157_5131787.jpg
f0009157_5132710.jpg

昼近くに再び現場へ行くと、ファサードは両サイドのわずかな箇所のみ残して
ほとんどなくなっていた。
f0009157_5133792.jpg

シートも一段すっかり取り外されていた。
f0009157_5134638.jpg

散策路の基点となるランドマークが失われた。
f0009157_514074.jpg

寝姿山も全容を現そうとしている。
f0009157_5141126.jpg

シートがとうとう地面まで取り外された。
f0009157_5142315.jpg
f0009157_5143345.jpg
f0009157_5144465.jpg

散策路の方まで見通せる。
f0009157_5145556.jpg

こちら側からもファサード向かいの建物が見えてきた。
f0009157_515640.jpg

f0009157_515183.jpg

13:00に再び寄ってみた。
f0009157_5152882.jpg

所有者の方は以前、お稲荷さん側には伊豆石の塀を残そうかと
おっしゃったことがあった。できれば三段ぐらいの高さだけでも
残していただけないものか…。
f0009157_5154069.jpg
f0009157_5155058.jpg

f0009157_516175.jpg

f0009157_516139.jpg

ファサードはこのように伊豆石に貼り付けられていたのか。
f0009157_5162330.jpg

f0009157_5163671.jpg

まるで災害現場のようだ。
f0009157_5164516.jpg

所要を済ませて旧町内へ戻る途中、人魚橋の手前で信号待ち。
人魚と桜の向こうには南豆製氷が立っていてほしかったと同乗者。
f0009157_51657100.jpg

バイトに向かう前にもう一度だけ現場へ。何やら地道な作業をしている。
f0009157_517785.jpg

トラックを入れるためにファサード側のシートが外されて風で飛ぶからだろう、
断熱材のかけらを拾い集めていた。
f0009157_5171650.jpg

[PR]
by nanzu-plus | 2014-03-25 15:00 | 南豆製氷の画像
写真 2014.3.24
16:00頃、現場へ。
f0009157_0461478.jpg

二台の重機で貯氷庫を解体していた。
f0009157_0462120.jpg
f0009157_0462927.jpg

ファサードの解体も同時に進められている。
f0009157_0463621.jpg

f0009157_0464361.jpg

西棟側の上部はすでに取り壊されていた。
f0009157_0465195.jpg
f0009157_047028.jpg
f0009157_047831.jpg
f0009157_0471789.jpg

二台で連携して剥ぎ取った壁材や鉄板をリレーしている。
f0009157_0472868.jpg

奥の重機が通路内壁の鉄板を撤去。
f0009157_047393.jpg

手前の重機が拾い上げて廃材を一角にまとめる。
f0009157_0474956.jpg
f0009157_0475854.jpg
f0009157_048739.jpg
f0009157_0481626.jpg
f0009157_0482575.jpg
f0009157_0483870.jpg
f0009157_0484949.jpg
f0009157_0485899.jpg
f0009157_0491180.jpg
f0009157_0492081.jpg
f0009157_0493052.jpg

南側にまわると、シートが一部取り払われていた。
f0009157_0493947.jpg

もうすぐ南豆製氷が町へ向けていた顔も失われる。
f0009157_0494988.jpg

住吉稲荷も道路から丸見えになってしまう。
f0009157_0495973.jpg

このソメイヨシノが満開を迎える頃には隣は空き地だ。
f0009157_050774.jpg

18:00に再び現場へ。ファサードがなくなって寝姿山が見えるようになった。
f0009157_0501790.jpg

第一製氷室も貯氷庫の東西の棟もなくなって、空き地が広がってゆく。
f0009157_0502520.jpg

ファサードは五分の一ほどが解体された。
f0009157_0503480.jpg

家路に向かうカラスが二羽、しばし現場を眺めていった。
f0009157_0504393.jpg

[PR]
by nanzu-plus | 2014-03-24 18:00 | 南豆製氷の画像
写真 2014.3.23
日曜日は解体工事はお休み。
f0009157_043467.jpg

[PR]
by nanzu-plus | 2014-03-23 16:00 | 南豆製氷の画像
写真 2014.3.22
16:00前に現場へ。
f0009157_026270.jpg

昨日に引き続き貯氷庫の廃材をトラックに積み込んでいた。
f0009157_0261052.jpg
f0009157_0261834.jpg
f0009157_0273659.jpg
f0009157_027441.jpg
f0009157_0275111.jpg
f0009157_0275849.jpg
f0009157_02878.jpg
f0009157_0281578.jpg
f0009157_0282394.jpg

[PR]
by nanzu-plus | 2014-03-22 16:00 | 南豆製氷の画像


南豆メモ
南豆製氷 消滅


これまで建物を
残してくださった
所有者に向けた
≪ありがとう募金≫
2013.11.30 終了
合計:36万3,593円

::Links::::::::::::::::::::::::::::::
下田まち遺産連携会議
下田TMO
NPO地域再創生プログラム
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
[下田]「氷の日」に南豆..
from no room for sq..
[下田][event]南..
from no room for sq..
[news]南豆製氷が登..
from no room for sq..
夏休みのご報告 〜 社会..
from Secret Colors'..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧